良い看護師になる条件

良い看護師とはどのような看護師でしょうか。正直なところはっきりした答えというものは無く、人によって、職場によってそういったものは変化していくため、ここでもこういう看護師が良い看護師なんだ!とかこれこそが理想的な看護だ!と教科書や攻略本のように提示することというのは困難です。
それで終わってしまうと何の意味もないので今一度考えてみると、この手の職場は人との関わりがかなりのウェイトを占めているため、各所で様々な体験談があるはずです。そのため、過去の経験に照らして「こうすれば良いのではないか」とか「この話の~~の場面でこうしていれば良かったのでは」とか、そういった事を考えて自身の働き方に反映させていくのが最も効率的かと思います。そんな情報をまとめてみると、おおよそ看護師として評価されるポイントは次のようなものが挙げられます。

1・体力がある人
2・チームプレイが出来る人
3・楽観的な性格
4・フットワーク

どんな職場でもそうなのではないか、と思われるかもしれません。しかし、これらの4つに適性がないと看護師は続けられる仕事ではないように思います。ただでさえ、責任が重い業種なのに、忙しさまでプラスされているため、深く考え込んだりする暇はとてもありません。悩み込む人には向いていない職業です。目の前の仕事を淡々とスピーディーにこなせる体力と精神的強さが求められるのです。タフではないと続けられない「看護師」ですがその大変さから離職率が高く、人材不足が深刻化しています。この現状を見過ごすのではなく、どんな人でも快適に働けるような医療環境を整えていくことが大事なのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です