チーム医療の強み

チーム医療で病気の治療を行うことのメリットには、医療機関側のミスや、抜けなど医療ミスの回避があげられます。昨今大きく問題となっている麻酔や手術に関する事故などは、主治医があまりにも一人で多数の患者を抱えすぎ、判断や検証が不十分な状態で手術をおこなったことが原因で起きてしまった医療事故も結構あるようです。一人の患者の病状の経過を複数の医師、看護師、薬剤師のチームで情報の共有をおこない、それぞれの目で患者の病状に対して気が付いたことを情報としてあげることがチーム医療の本領です。ここでチーム内で治療の手順や、患者の直近の容態の情報を聞き、治療の検証をしっかり見直してさらに改善の意見を出してゆくことが重要です。また容態の急変で緊急の治療が必要な場合、チーム内の情報を共有した複数の医師がいれば患者に対して素早い対応が可能となり、救急体制も充実したものとなるでしょう。どんなに優秀な医師でも患者に対しては、全て一人一人丁寧に容態に合わせて治療していかなければならないのは昔も今も変わりません。その中で一人の患者に対して医師、看護師、薬剤師が主治医のもとチーム医療をおこなうことで見逃しやミスを撲滅し、チーム内どの医師が急にその患者に関わっても素早く対応でき、医師不在による診療待ちの時間ロスを減らすことができます。こういったメリットがあることから、現在日本の医療業界ではチーム医療を推進する動きが活発化しています。詳細はこちらをご覧ください。>>>http://xn--7ck2c0d818l8ke39av0v6ouri2bgh4c.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です